引越し前にやることリストをチェックしておきましょう!

節約好き

引っ越し時のやる事を時期ごとにまとめておきますので、時間がある時にでも一度目を通しておいて下さい。

 

1か月前にやること

  1. 業者の見積もり比較と決定後に梱包資材をもらう
  2. 不要品の選別や処分、小物類の荷造り
  3. 賃貸の場合は、解約手続き(解約日の1か月以上前に大家さんや管理会社に伝える必要があります。)

 

段ボールなどの梱包資材は大手業者の場合、無料配布サービスが多くなっているので、ぜひ活用して下さい。

また、見積もりの段階でもらい契約しなかった場合は、後で段ボール代を請求されますので、契約した業者のみにもらうようにしましょう。

荷造りにかかる期間の目安は2週間~1か月程度を見ておきます。

 

2週間前にやること

  1. 同一市区町村以外に引越す場合は、区・市役所に転出届を提出
  2. ライフラインの住所変更、もしくは解約手続き(ガス、水道、電気)
  3. 郵便局で転送届を提出
  4. プロバイダーの変更を行う場合はモデムなどレンタル品の返却、継続する場合は住所変更の連絡
  5. 民間保険や銀行、また通販サービスの住所変更手続き
  6. 転校があれば証明書を学校よりもらう
  7. ご近所の挨拶(新居先も可能であれば当日より前に行う)

 

転出届は市区町村が異なる地域に引越す場合のみに必要な手続きです。(予定日から14日以内)

持ち物は印鑑と本人確認書類のみで、手続き後、転出証明書をもらいます。引越し先で必要になる書類です。

 

プロバイダーとはインターネット接続業者のことで、今ネットを見られているという事は毎月プロバイダーにネットの接続料金を支払っています。請求書などで会社名を確認し電話連絡をして下さい。

回線がADSLの場合はモデムをレンタルしており、光回線の場合はONUという機器をレンタルしています。

レンタル品のため、ほかの会社に変更する場合はこの機器を返却しないと機器代金を請求されるためご確認ください。

 

引越し後、2週間以内にやること

  1. 同一市区町村以外から越してきた場合は転入届の提出、同一市区町村の場合は転居届の提出
  2. 加入者のみ国民年金と国民健康保険の住所変更手続き
  3. 運転免許証、車庫証明の取得、車検証の住所変更手続き
  4. 保健所にて飼い犬の登録

 

引越し日当日、ガスの開栓には立ち合いが必要です。立ち合いの予定時刻が合わずガスが開けなかった場合当日にお湯が使えずお風呂に入れないという事もあるので注意して下さい。

 

国民年金は引越した後に住所変更手続きが必要になります。市・区役所で出来るのでその他の住所変更手続きと同時に行ってしまいましょう。

また、車関連の手続きでは住民票が必要になるので、役所に行った際に発行してもらう事をお勧めします。

運転免許証・車庫証明・車検証のそれぞれの手続きで1枚ずつ必要です。